うちの子のbot
  • バレリアノ「駅のホームに字が流れていく電光掲示板あるよな 今日なにげにその電光掲示板見てたら 架空請求にご注意ください。 使った覚えのないアダルトサイトなどから 利用料などを請求してくる悪質な 電車がまいります とか言われた、こわい」

  • ハティ「病院に「ハブに噛まれた!」という電話がかかってきたので、 きつく縛って一刻も早く病院に来るよう告げたところ、 ハブを縛って来院してきたおじさんがいらっしゃいました(棒読み)」

  • アレックス「病院でかゆみ止めの薬をもらった。 説明書を見たら副作用に「かゆみ」と書いてあった。 効くのか、これ」

  • 美容院 アレックス「凄く綺麗な顔してますよね、彼女いるんですか?」 スコル「いないですよぉ~、彼女募集中ですねw」 シーン、、、、。 洗い終わって頭上げたら、アレックス、隣の客の髪洗ってた。

  • ユーリ「あ、あの・・肉じゃが作り過ぎちゃったんですけど…完食しました」

  • ギープ「うちのガブリエルは僕がうんこしてると ドアの外から「パパうんこしてるの?ねぇみせて」断るとドアにすがりついて「みせてよぉ~」 と涙ぐむので可愛いものだと苦笑して聞いていた。最近では「うんこみせろ!みせろ!みせろお!」 叫びながらドアをバンバン叩くようになった、怖い」

  • クルースニク「知り合いからライチを貰ったのでライチ酒を作ろうと一式(酒、瓶、レモン)を用意して さぁライチを洗うぞ! ってざるに出したら一口サイズのサーターアンダギーだった」

  • アレックス「今でしょって10回言って!」 クリス「今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ今でしょ」 アレックス「いつ俺と付き合うの?」 クリス「ひじ」 アレックス「」

  • セル「こちら、芝エビです」 バレ「旨い!」 セル「実はブラックタイガーです」 バレ「偽装だ!金返せ!」 セル「と見せかけて芝エビです」 バレ「だと思ったわ!旨ぇもん!」 セル「やっぱりブラックタイガーです」 バレ「そんな気がした!ふざけんな!」 セル「からの芝エビです」

  • リュー「ずっと君のこと好きだったんだ!付き合ってくれ」 ティア「ごめんね…僕、好きな人がいるの。」 リュー「そっか…ごめんこんな事言って…じゃあ先帰るね…」 ティア「…待って!!」 リュー「!!」 ティア「好きな人が居なくても…リューさんとは付き合わなかったと思う」 リュー「…」

  • バレリアノ「娼館の可愛い子に『今夜家に誰もいないのw来てw』と言われ、行ってみたら本当に誰もいなかった件」

  • クリス 【拡散希望】今日山手線で17時半頃に私のこと痴漢した人このツイート見てたら言いたいことがあります  あ な た 痴 漢 下 手 で す ね

  • 某喫茶店。ハティ「好きなもの選びなよ」ティア「やったあ!それにしよっかなあ♪」アレックス(並んでんだから早くしろよ・・・)店員「お会計はご一緒でよろしいですか?」ハティ「あっ別々で」ティア「えっ」アレックス「えっ」店員「えっ」ハティ「えっ」

  • ハティ「メイド喫茶でオムライス待ってる時に虫が飛んできてやだなあ、と思ってたらメイドさんが「あ、妖精さんだニャン!」て言ったからすごいな徹底してんなあ~と少し感心していたら次の瞬間メイドさんの素手が妖精さんの息の根止めてた。もう何信じたらいいか分かんなくなった」

  • スコル「ファミレスで、女性が広い店内に轟き渡る大声で男性を罵っていた。それはそれは恐ろしい声だった。他のお客は皆恐ろしさに俯いていた。が、数十分たって女性が「あのね?怒ってるんじゃないのよ?」って叫んだ瞬間に店内のお客の心がひとつになり目があった。Σ(゚д`*;)えー!?って」

  • クリス「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち 欲は無く 決して怒らず いつも静かに笑っている そういう人に 仕事丸投げして帰りたい」

  • ギープ「パパもママも、ガブリエルが世界で一番大事なんだよ」 ガブ「そうなの?」 ギープ「そうだよ。僕達にとってガブリエルより大事なものはないんだよ」 ガブ「ありがとー、私もパパとママ大好き」 ギープ「じゃ、ガブリエルの一番大事なものもパパとママかな」 ガブ「ううん、ネギトロかな」

  • アレックス「時々な、スピさんとクーちゃんがしょうもない事でケンカしたりするんやけど クーちゃんがぶちキレて「毛根爆発しろ!ハゲ散らかれ!」って言い出した時は 俺、1人で家に帰ったわ」

  • ティア「スーちゃんとチューするときは、まずはよじ登らないといけないのです( ・ὢ・ ) ムムッ だって、上から行ったらスーちゃん、首の筋を痛めちゃったんだもん(´·ω·`) ショボーン」

  • マオ「アニャラビとはにゃにもにゃいんだからにゃ!餌付けにゃんて、されてになゃいんだからにゃ、いいか!美味しいオヤツにゃんかに屈してにゃいんだからにゃ!」