料理人「調理時のミスは現実ではてへぺろじゃ済まない。オーブンに手を突っ込んで自分の肉が焼けたとき、異

料理人「調理時のミスは現実ではてへぺろじゃ済まない。オーブンに手を突っ込んで自分の肉が焼けたとき、異様に食欲をそそる匂いがしたことは一生忘れない」

  • 4m

    清掃員「『もらい泣き』の歌詞調べようと思って、Googleにええいああと打ち込んだら予測で『ええいああケツからごぼう巻き』って出てきて、このモヤモヤを解消してもらおうとYahooで検索したら『類似のキーワード:尻からモダン焼き』って表示されたから液晶殴ってる」

  • 34m

    道化師「信号青すぎワタロwwwwwww」

  • 1h

    道化師「助けて!溺れる!!」 運び屋「ヤバイな…あれ、泳げないの?」 道化師「泳げる!でも橋の上に看板あるじゃん『遊泳禁止』って!」

  • 1h

    薬屋「今朝通勤中に20斤くらいパンをくわえた女の子とぶつかった 」 殺し屋「それ人間なん? 」 清掃員「20斤をくわえられてる時点でただの女の子じゃない 」 武器商人「すごい顎の力だ…」

  • 2h

    道化師「某TV番組で心霊写真特集をやっていた。その内の一枚に、たまたま写りこんだ傭兵さんが地縛霊として解説されていた」

  • 2h

    清掃員「後輩が『所詮人間なんて、薄皮に包まれた肉塊でしかない…』という闇の深いセリフを吐いても先輩の『餃子だな』の一言ですべてを無に帰される感じが非常に気に入ってます」

  • 3h

    看護師「日本では4人に1人は精神的なバランスがとれていないそうです。さて、君の一番仲のよい人を3人思い浮かべてみてください。その3人がまともなようなら、おかしいのはあなたということです」 道化師「どうしよう、3人ともおかしい…」

  • 3h

    清掃員「東京ガスからお電話です」 上司「東京だす?」 清掃員「ガスです」 上司「カスタム?」 清掃員「東京ガ・ス・です!」 上司「東京ジャスデスク?」

  • 4h

    テンションの高い道化師「清掃員好き!本当にあたし、清掃員のこと愛してる!」 清掃員「はい」 道「LOVE!清掃員ラブ!」 清「あー、はい」 道「聞いてる!?聞いてる!?あたし怒るよ?怒っちゃうよ?怒りませーん!ざーんねーんでーしたー!」 清「はい」

  • 4h

    武器商人「おい!誰だよ!俺の背中に半額シール貼った奴!」