幕末Rockに登場する 最高愛獲集団新選組の近藤、土方、沖田中心の非公式botです。2chやTwitter等のコピペをキャラ風に改変し、1時間ごとにランダムに流れます。幕ロ好きと思われる方はフォロバします。鍵垢の方も一度申請しますが不要な方は拒否してくださって結構です。
  • 沖田:キノコ嫌い! 土方:キノコ食べないと大きくなれないぞ 沖田:それマリオじゃん!!

  • 沖田:梨切りましたよ。薬を飲む前にどうぞ。 土方:悪いな・・・ 沖田:美味いですか? 土方:熱のせいで味が分からないが、固いな 沖田:でしょうね。梨の形に切った大根ですから 土方:え・・・

  • 土方:ミュウツーの逆襲を見た後、たこ焼パーティをやったんだが泣きすぎてお葬式のテンションになり、近藤さんは「人間もタコも同じように生きてるのに…」とか言い出すし総司も「人間の手によってつくられたコレは、たこ焼じゃない…タコツーだよ」とか言い出すからもう訳がわからない

  • 土方:『辛』に棒を一本足すと『幸』になるから、稽古をもっと頑張れ総司 沖田:その棒はどこから来るんです?他の幸から盗むの?

  • 沖田「ふあぁ~。えーまだ7時ぃー?もう少し寝たいよ・・・」

  • 沖田:僕が毎日見守ってる土方さんがストーカーに遭ってるらしい

  • アカウント宛に「最新」とリプして頂くと最新更新分が返信されます(過去更新分は返信されません)設定の性質上、10分以内に10回リプを受け取ると返信されないので、10分後にリプしてください ※時々上手く反応されない場合があります。お手数ですがその際はもう1度リプしてみてください

  • 土方:近藤さんはメールで絵文字とか使うんですか? 近藤:使ってなかった。だが以前、総司にメールが冷たいって言われたことがあってな 土方:ああ、言われますね 近藤:それ以来、句点と読点を全部ハートにしている 土方:え…いや、それはどうなんでしょう…

  • 沖田:愛というのは『この人となら不幸になってもいい』という気持ちの事らしいですよ 近藤:俺はお前達がいてくれるなら不幸になっても構わないな。でも、俺はお前達と一緒にいると不幸にはならないなぁ…うーん、困ったな… 沖田:近藤さんってそういう殺し文句どこで覚えてくるんですか

  • 土方:「また他の女と寝て!最低!」「いや浮気は8人までの約束は守ってるし!」という会話をスタバで隣に座ったカップルがしてて、何言ってんだこの男と思ってたら「…大好き!><*」と女の子が喜んでいて「いいのか!?」というアイコンタクトを隣の総司と送りあった昼下がり

  • 坂本:ソウちーん!あーそぼーぜよーー!! 沖田:はぁ?やだよ 坂本:なんでじゃ~…よっしーも誘っっとるのに… 沖田:…遊びたいなら、僕に喜ばれる言い方して 坂本:え……あの………来てしもーた/// 不覚にも喜んだ

  • 近藤:女性がミスした時にかわいらしくごまかす四文字の「てへぺろ」に対抗できるような、男が潔くミスを認める四文字を考えていたが「ハラキリ」しか思い付かなかった・・・・

  • 最終更新日:8月4日、20個追加しました。最新とリプすると更新分が返信されます。時々上手く反応しない場合があります。その際はお手数ですがもう一度リプしてみてください。

  • 土方:総司は無事なんだろうな!? モブ:ああ、無事だ。騒がれると面倒だから今は少しおとなしくさせているがな 土方:何だと!?まさか手荒なマネを・・・! モブ:カニを食べさせている 土方:厚遇

  • 近藤「は?」 土方「は?」 沖田「は?」 藤堂「はあ」 隊士「以上、新選組が0時をお知らせしました!」

  • 沖田: 1.自分の舌で全ての自分の歯に触れることはできない 2.きっと大半の愚か者は、1が本当か試している 3.1は真っ赤な嘘である 4.きっと君は自分の間抜けさにニヤニヤしている 5.もうすぐ君は別の愚か者にこれを教えようとする 6.君はまだニヤついている

  • 沖田:喉の奥に刺さった魚の骨がとれない・・・。 どうすればいいですか? 土方:小さめの握り飯を噛まずに飲み込め 沖田:とれたました~!ありがとうございます!でも、噛まずに飲み込んじゃったから海苔がノドにはりついて取るのに苦労しました 土方:どうしてわざわざ海苔巻いてるんだ

  • 土方「目を真っ赤にしてプルプルしながら上目遣いするのは確か総司が特許をとっていたはず」

  • 近藤:104のダイヤルで電話番号を調べてもらうときに、「どういう漢字の人ですか?」と聞かれ、「おもしろくて明るい感じの人です」と電話局のお姉さんを1分間笑わせてしまった・・・

  • 土方:近藤さんがいきなり寝言で「うあ、あ、おおぉおおおおぉ!おおおぉぉおおぉおおおおおぉ!!わっしょい!わっしょい!わっしょっしょい!!!」って神輿を担ぎだした…。俺も総司も暫く眠れなかった・・・