価値のある物や知って得する情報を呟いていきます!
  • 米びつのなかに、米一キロにつき一本位の割合で唐辛子を入れておくと、虫が寄り付かなくなり、防虫効果が期待できます。

  • 味噌汁を作る際に、粉末のインスタントだしを使う場合は、味噌や具を入れる前から入れてしまうと、出来上がる頃には風味がとんでしまっている場合があるので、一番最後に入れるようにすると、ダシが引き立ちます。

  • 食パンを包丁で切る際は、ふにゃふにゃしてなかなか切りづらいもの。  そんな時は、切る前に包丁をガスコンロであぶってから切ると、型崩れやパン屑が落ちにくくなり上手に切る事が出来ます。

  • 余ったケーキを一晩冷蔵庫に入れておくと、パサついて風味が落ちてしまうもの。  そんなときは、ケーキと一緒にリンゴを一切れ入れておくと、リンゴの水分がパサつきを防ぎ、蜜の甘い風味がケーキをつつんでおいしさを保ってくれます。

  • 米をとぐ時にできる最初のとぎ汁は、そのままだと水に溶けたぬかを米が吸収してしまい、ぬかくさくなってしまうので、始めの水はサッとかきまぜる程度で捨てて、次からの水でしっかりととぐとおいしい仕上がりになります。

  • 冷えてしまったご飯や、冷凍庫に入れておいたご飯を電子レンジで温める時は、少量の日本酒をふりかけてから温めると、炊きたての時のようにおいしく 仕上がります。  アルコール分は十分に温めれば熱でとんでしまいます。

  • 温泉タマゴを手軽に作れる方法として、カップラーメンの空き容器にお湯を注ぎ、その中に室温にもどしたタマゴを入れ、フタをして40分ほど待つと、お手軽温泉タマゴの出来上がりです。

  • 魚を上手に焼き上げるには、表が4、裏が6の時間配分になるように焼き、強火の遠火で表から先に焼くようにすると、綺麗においしい仕上がりにする事 が出来ます。

  • 鮮度が落ちやすい刺身が残ってしまったら、醤油をまぶして冷蔵庫に入れておくと、いわゆる「ヅケ」状態になり、次の日もおいしく食べる事が出来ます。

  • から揚げをする際に、新しい油を使用するときは、ネギかショウガをスライスしたものを一度あげてから、とり肉などを入れるようにすると、油の臭みが消えて、香りのよいから揚げを作る事が出来ます。

  • 市販のグリーンピースやほうれん草などの冷凍野菜は、冷凍前に一度加熱してあるものなので、冷凍の肉や魚と同じように自然解凍してから炒めたりすると、水っぽくなってしまうため、冷凍野菜は冷凍のまま調理したほうがおいしい仕上がりになります。

  • シチューやカレーを煮込む際、ふたをしたまま煮込むと、蒸気や肉の臭みが抜けにくくなるので、煮込む際には、ふたをとりはずしてからすると、程よく水分が抜けて、肉の臭みのないまろやかな仕上がりになります。

  • 電子レンジで料理を温め直す時は、「煮物」「蒸し物」「汁物」はしっかりとラップをかけ、反対に「焼き物」「揚げ物」「炒め物」などはラップをしない方がおいしく温め直す事が出来ます。

  • 卵は、MやL等の大きさにかかわらず、中の卵黄の大きさはほとんど同じなので、料理の目的や趣好に合せて選ぶようにし、卵黄だけを使う料理なら小さい卵を使ったほうが無駄が少なくなりお徳です。

  • 貝柱をきれいに取るには  貝柱の大きな貝を煮る時は、米粒を数粒加えてから煮ると、貝柱がきれいにとれるようになり、最後までおいしく食べる事が出来ます。

  • お肉をビニール袋に入れ、そこにワイン、もしくはマリネ液を注ぎ込み、そのまま一晩漬けておくと、肉のpHが下がり、保水力が高まって柔らかくておいしいお肉になります。

  • ネットビジネスのことならこの人に聞け!オヤビン@相互フォローさんまで!https://t.co/yfnm958o0U

  • いい詩を書いてます!みなさん、だからこそ@神戸さんをフォローしよう!https://t.co/paYG0tFAX2

  • アイロンの底にノリやサビが付いて汚れてしまった時は、布に歯磨き粉をつけてこするようにして拭くと汚れを落とす事が出来ます。

  • 洗濯機で粉洗剤を使う場合、セーター等を洗うときに使うネットの中に洗剤をいれて、衣類と一緒に洗うと、服の間に溶けなかった洗剤が固まることもなく、上手に仕上がります。