著者は認知行動療法の第一人者で,日本経済新聞で連載中の人気コラム「こころの健康学」の大野裕先生。@y

著者は認知行動療法の第一人者で,日本経済新聞で連載中の人気コラム「こころの健康学」の大野裕先生。@yutaka_ono ちょっと元気が出ない…(´・ω・`) 5月病かも…いつも不安を抱えがち…そんな方におすすめです。是非お手にとってご覧ください。

  • 20m

    【別冊日経サイエンス226 動物のサイエンス】「絶滅の縁に立つ野生のウマ」野生のシマウマやロバ,ウマたちは食用や薬,毛皮をとるために殺されている。もともと繁殖力が弱い上に,生息地が年々減少しており,生き残っているウマたちも絶滅の危… https://t.co/Vdn7eAMSO1

  • 59m

    皆様今日も一日お疲れ様でした。下っ端一号も本日はちょっと早いですが,これにて失礼いたします<(_ _)> 大阪をはじめ関西地方の方は,夜間の余震に十分ご注意ください。それでは,また明日お会いいたしましょう(・ω・)ノシ

  • 1h

    SNSで情報を拡散するまえに,まず誤情報ではないか確認してみましょう。災害発生時,まず一呼吸おいておちついてからアクションを。 https://t.co/hbCuchjgQx

  • 1h

    RT: 「日経サイエンス」2017年7月号 ・長倉克枝,ネットで軽くなる「事実」の重み と ・W. クアトロチョッキ,陰謀論を増幅 ネットの共鳴箱効果 は我々アドマンは読んでおくべき。 僕たちは共鳴箱効果としてのSNSを拡散施策として使っているじゃないか。 h…

  • 1h

    RT: 前の東日本大地震の時、Twitterはたくさんの方々にさまざまな目的でご利用いただきました。地震をはじめ、災害時にご利用いただく際にお願いしたい4点をまとめました。 https://t.co/5X20QDoJGW

  • 2h

    「海を支配するミクロの植物怪獣」 動物のように捕食をし,植物のように光合成をする混合栄養生物が,魚の個体数から地球温暖化の速度まであらゆることに影響している可能性がある。 日経サイエンス2018年7月号【特集:混合栄養生物ミクソ… https://t.co/MWGvYqthft

  • 2h

  • 2h

    「生物の色彩マジック」 動物たちが驚きの色彩を作り出すのに使っている,7つの巧妙な方法を紹介しよう。その仕組みの理解は精巧な新技術につながってくる。【別冊日経サイエンス227鳥のサイエンス 知られざる生態の謎を解く】… https://t.co/90h27EypmW

  • 3h

    RT: 大阪北部で起きた震度6弱の地震の影響で、鉄道の運休が相次ぎ、企業活動にも支障が出ています。https://t.co/LV2azRliiG

  • 3h

    「うつ,依存症,社交不安障害 治療効果を脳画像で予測」 患者一人ひとりに最適な治療法を脳画像によって予測できる可能性が出てきた。教育も変わる可能性がある。 日経サイエンス2018年7月号… https://t.co/qP4PX33FlN