神田川に架けられている橋の多くが『震災復興橋梁』と呼ばれているのをご存じですか。例えば、万世橋やお茶

神田川に架けられている橋の多くが『震災復興橋梁』と呼ばれているのをご存じですか。例えば、万世橋やお茶の水橋は、大正12年の関東大震災での被災後、地域性を踏まえたデザインで建築されたそうです。神田川の橋をご覧になったときは、もう一度… https://t.co/R5ZTkIYHDH

  • 21 Sep

    84年前の今日、高知県室戸岬付近に台風が上陸しました。強風や高潮で近畿地方を中心に死者・行方不明者約3000人の大きな被害をもたらしました。いわゆる室戸台風です。今年も多くの台風が発生し、各地に被害をもたらしています。避難場所や台… https://t.co/m8JvsCc762

  • 20 Sep

    台風の影響による大雨の影響で、自宅近くのバイパスの高架下が冠水していました。10年以上住んでいるのに、初めて見る光景でびっくりしました。このような「隠れ危険場所」があなたの自宅近くにもあるかもしれません。地震・大雨・強風とそれぞれ発生する危険には違いがあるので、要注意です。

  • 19 Sep

    私は北海道出身ですが、「北海道胆振東部地震」により故郷は甚大な被害を受けました。安平町には両親が住んでおり、足の不自由な父は、近所の方々の協力で公民館に避難することができたそうです。まさに子供より近くの「他人」です。いざという時に備えて「共助」の重要性を伝えていきたいと思います。

  • 18 Sep

    備蓄食品のアイテムとして、魚肉ソーセージを追加してみてはいかがでしょうか!いざという時には直接触れることなく食べられて衛生的です。また、カルシウムも手軽に補うことができると思います。賞味期限が比較的長く、常温保存も可能です。賞味期… https://t.co/VdZiIRXOlt

  • 14 Sep

    北海道の地震で連絡手段の重要性を再認識した人もいるのでは?災害用伝言ダイヤルの体験利用を是非ためして下さい。私は防災週間に遠方の両親と体験利用しました。「171」発信の後、ガイダンスに従いメッセージを残したところ確認がとれました。毎月1日と15日に体験利用が可能です。

  • 13 Sep

    広島県に広域緊急援助隊として従事してから約2か月。先日夏休みで広島の先祖の墓参りに行きました。県内は未だ交通機関のストップなど西日本豪雨の爪痕を多く残し改めて災害の大きさを痛感しました。今回の災害を絶対に忘れないという戒めの気持ちと備えの強化について思いを馳せた休暇となりました。

  • 12 Sep

    通電火災をご存知ですか?大きな地震では停電が発生し、家具や電気製品が倒れたりすることがあります。その後電気が復旧し、通電した時に電気製品発火するのが通電火災です。阪神・淡路大震災で発生した火災の約6割が通電火災でした。防止策は、避… https://t.co/r4xwlEoNH2

  • 11 Sep

    パイプ椅子を使って簡易ベッドを作ってみました。避難場所となる体育館等にあるパイプ椅子を並べ、その上にダンボールを敷くだけです。西日本豪雨でも活用されましたが、床からの冷気や埃を軽減でき、体の負担も減ります。宿直の仮眠時に試してみま… https://t.co/4lEw0rykjQ

  • 10 Sep

    北海道で活動中であった部隊については、その任務を終了し、本日夜に帰京する予定です。余震が続き雨も多い状況の中での活動でしたが、当ツイッターに寄せられた皆様からのメッセージが大きな励みとなりました。本当にありがとうございました。今後… https://t.co/HW13hGvayq

  • 7 Sep

    北海道に向けて出発した部隊は、昨日午後、最大震度7を記録した勇払郡厚真町の現場に到着し、ドッグサーチ等の捜索活動を実施しました。活動場所である厚真町吉野地区では、大規模な土砂崩れなどにより、依然として多くの方の安否が不明となってい… https://t.co/hMNSLfDKCZ