この聖騎士の鎧は、神の加護があるから護りが硬いんだ。決してミスリル製だからというわけでなく……え?防

この聖騎士の鎧は、神の加護があるから護りが硬いんだ。決してミスリル製だからというわけでなく……え?防御力はどれくらいだって?多分アーマークラスがマイナ…いや、なんでもない。

  • 41m

    ただやみくもに救いをもたらすことが、正しい事とは限らないのは知っているさ…。

  • 1h

    私の信仰が揺らぎかけたのは、兄が死んだと聞かされた時ではなく、その後…兄が私の前に立ちふさがった時だ。尊敬する聖騎士だったはずの兄が、私に…神に刃を向けてきたのだ。

  • 1h

    盾役は私に任せてくれっ

  • 1h

    旅の道中に遭う魔種や不死種のご婦人は、よく私の事を「良い匂いがする」と言って絡んでくるのだが……何だろうか、私をまるで食べ物かなにかでも見るような目で見るのだ((((;゚Д゚)))))))

  • 2h

    私の盾には、このメダイに描かれている聖母と同じものが描かれているんだ。

  • 3h

    水をワイン…酒に変える練習中だ。その逆はよくやってしまうのだ。ついうっかり飲もうとしていた酒を浄化してしまい、ただの水に……(°_°)

  • 3h

    教団が信奉する神が本当に私たちの味方なのかと疑ったことがない…とは言えないんだ実は。

  • 4h

    ……あの時「もう帰ってくんな!」と兄に叫んだ事、今でも後悔している。

  • 4h

    笑う顔……どうやって作るのだったかな…。

  • 5h

    天に召されし兄が、私のココロを守ってくれている……荒廃した世界でそう思っていた。兄と再会するまでは。