(3時)に(超)(レ)ッツ(ゴ)ー (レゴ)ラフェニブ 大(腸)がんの(3次)治療以降で検討される

(3時)に(超)(レ)ッツ(ゴ)ー (レゴ)ラフェニブ 大(腸)がんの(3次)治療以降で検討される

  • 16m

    芽胞形成 (通)れる(橋)(作る)けど大(変)で(苦労す)る (通)性嫌気性→(バシ)ラス属 (偏)性嫌気性→(クロス)トリジウム属 作る→芽胞(形成)

  • 1h

    (タクロ)(リムス) (彼氏)の(タクロ)ー(無理っす)(F)ac(k) タ→Ta→(T) 無理→阻害 (T)細胞の(FK)結合タンパク質(FKBP)に結合し(カルシ)ニューリン阻害

  • 2h

    粉砕まとめ ハンマーミル 熱に不安定、低融点NG ボールミル 注射剤、点眼剤の粉末の処理 容器全体を滅菌できるから コロイドミル せん断応力 懸濁剤、乳剤などの調整 ジェットミル 流体エネルギー ジュール・トムソン効果 熱に不安定、低融点OK ローラーミル らせん状模様

  • 3h

    造粒法まとめ ・押し出し 円柱状 密度の高い粒子 ・流動層(結合剤) 不定形 かさ高い 混合造粒乾燥コーティングを連続的 ・噴霧乾燥(溶液or懸濁液) 小さい球形 濃縮造粒乾燥を一工程 ・撹拌 重質な球形に近い ・転動 球形に近い ・乾式破砕 不定形 水や熱に不安定OK

  • 4h

    製剤(均一)性試験法が適用されるもの (25)才の(素性)を(コーティング)で(均一)に、(かつ)(硬)く(隠せる) 有効成分が(25)mg以上で、(かつ)製剤中の有効成分の割合が質量比で(25)%以上のもの (素錠) (コーティング)錠 (硬)(カプセル)錠

  • 5h

    (溶出)試験法 (風呂)((バス))にて(パドル)で(セル)フ(回転)(する)と(溶)け(出)る 第1法、(回転)(バス)ケット法 第2法、(パドル)法 第3法、(フロ)ー(スル)ー(セル)法

  • 6h

    製剤(均一)性試験法が適用されるもの (25)才の(素性)を(硬)く、(かつ)(均一)に(コーティング)で(隠せる) (素錠) (硬)(カプセル)錠 (コーティング)錠 有効成分が(25)mg以上で、(かつ)製剤中の有効成分の割合が質量比で(25)%以上のもの

  • 7h

    モル吸光度係数(ε)、比吸光度(E)の変換 目ショボショボ=目悪い人 ε=ME÷10 ε←眼鏡外した時の目 (目)が(悪)い(ひと)→(ME)(÷)(10) M:分子量 https://t.co/irF9VQeLfc

  • 8h

    (妖)(艶)さで(捕まえる) (陽)イオン交換クロマトグラフィー (塩)基性アミノ酸を(捕まえる) →酸性アミノ酸から溶出される(等電点の低いものから)

  • 9h

    クロマトグラフィーを用いた定量法 (内)標準法 グラフの縦軸:ピークの面積比 操作:試料の注入量を一定にしなくても良い →試料の注入量を一定にし(ない) →簡単 絶対検量線法、標準添加法 グラフの縦軸:ピーク面積(高さ) 操作:全操作を厳密に一定に保って行う